巡礼用品

四国八十八ヶ所巡礼用品をご紹介します。自分を見つめ直す機会としてお遍路に挑戦してみませんか。

「はじめてのお遍路女子」では、お遍路さんの楽しみ方をご紹介しています。

納経帳

札所を参拝した際、ご朱印と墨でお本尊を表す梵字と本尊の名前や寺院のお名前を納経帳に書いて頂きます。

御影帳

札所で納経帳を納経すると御影(おすがた)と呼ばれるご本尊さまが描かれたお札を頂きます。御影帳はご本尊の御影を納めるものです。

持鈴

持鈴(じれい)の音はお参りする者の煩悩を払い、心を清めてくれるともいわれます。

納札

(おさめふだ)または(のうさつ)と読みます。各札所の本堂や大師堂の納札箱に納めます。お接待を受けた際、差し上げるのが礼儀です。

サンヤ袋

納経帳、経本、念珠、ローソク、線香などをまとめて収納。同行二人の文字はいつも弘法大師と一緒に巡礼しているという意味です。

わげさ

輪袈裟とは略式の法衣(けさ)で、首から掛けるようになっています。霊場の巡拝には欠かせない必需品です。