お墓の付属品


霊標板(墓誌)
戒名・俗名・死亡年月日・行年などを刻む石で、亡くなった順に右側より刻んでいきます。単独墓では、個人の作った詩や楽譜を彫刻する場合もあります。

塔婆立て
納骨や年忌法要のとき、これに卒塔婆を立てます。外柵に組み込む場合もあります。卒塔婆とは、釈尊の遺骨(仏舎利)を祀る塔である「ストゥーバ」を模して簡略化したものです。

香炉・花立・水鉢
■香炉:
線香を供えるためのものです。正面に家紋を入れます。
■花立:
生花や樒(しきみ)を供えます。
■水鉢:
故人の渇きを癒やす水を入れます。浄水・洗心などの文字を彫ります。

納骨堂
故人の遺骨を安置する最も神聖な場所です。中には白い寒水石を敷きます。水鉢の後ろから納骨・台のフタを開けて納骨など、何種類かの納骨方法があります。

燈籠
「火」は邪気を払うものとされています。灯をともさなくても、常時灯がついているのと同様の功徳があるとされています。

地蔵尊
地蔵尊は、墓所に葬ったお子様の供養に建てることが多いようです。

拝石・敷石・床
■拝石:
墓石の手前に埋める一回り大きい石です。
■敷石:
お墓の入口と墓石を結ぶ通路になる石です。
■床:
主に玉砂利や石板を敷いて仕上げます。

玉砂利
床に敷く装飾石です。粒の大小・色などでいくつかの種類があります。

供物台・名刺入れ
■供物台:
お供え物を置く台として使用します。
■名刺入れ:
訪れた方の名刺をお受けするものです。
443
花立て・線香立て・ローソク立て・お骨壺など、様々な小物類があります。
ぶつだんのもりのお墓のサービス
  • お墓のメンテナンスについて
  • アフターサービスについて
  • お墓の耐震加工サービス